Teachers

Natsuko 

奈津子


3歳よりクラシックバレエを始める。所属バレエ団公演、ロシア国立ボリショイバレエ団日本凱旋公演に出演、日本バレエ協会公演出演等、幼少期より海外ダンサーとの共演を果たし、TV出演、キッズモデルとしても活動。バレエコンクールでは、全国上位入賞を果たす。

怪我により一時ダンスを退くが、様々なダンスを習得。2013年、日本ラテンダンスコンペティションにて入賞、World Latin Dance Cupの日本代表に選出。日中映画TV文化交流大会に出演。同年、Japan Bachata Cup優勝、Japan Cup準優勝。日本代表としてシンガポールにて行われたAsia Bachata Championship2014に参加し、アジア準優勝を果たす。

2015年、Japan Bachata Cup、Japan Bachata Openにて準優勝。外資系企業、海外勤務の側、ダンスではソロデビューを果たし、その後、アメリカやアジアにてゲストダンサーとしてイベント・コングレスに参加し、ワークショップ、パフォーマンスを行う。帰国後、Japan Bachata Cupにて優勝、翌年のAsia Bachata Championshipの代表に再度選出される。

2016年より子供達の指導者として本格的に始動。約120〜200名の生徒を担い、Japan Youth Dance Festival 2017ソロ部門にて優勝、English Vocal Election 2017という英語歌唱コンクールにて、グループ関東優勝に導き、ソロ部門共に関東代表として全国大会に出場。翌年のEnglish Vocal Election 2018ではソロでの関東優勝、Japan Youth Dance Festival 2019というダンスコンペティションにてシニアグループ部門関東優勝、シニアソロ2位、全国大会にてグループ部門シニア準優勝に導く。

現在は日本を活動拠点とし、ARTISTAの代表、子供達の指導、振付師として活動を行っている。

鷹野 景輔

千葉県市 川市出身。
6歳よりピアノ、16歳で声楽を始める。
県立船橋高校卒業後、東京藝術大学声楽科へ進学。
同大学 大学院修士課程声楽専攻を修了。

これまでにベートーヴェン「第九」ソリストの他、オペラ「ラ・ボエーム」ロドルフォ役、「愛の妙薬」ネモリーノ役、「魔笛」タミーノ役、「コジ・ファン・トゥッテ」フェランド役、「ドン・ジョヴァンニ」ドン・オッターヴィオ役、「フィガロの結婚」バジリオ役、クルツィオ役を務める。

サントリー・オペラアカデミープリマヴェーラコース第4期生修了。また「PSYCHO-PASS IN CONCERT」にてテノールソリストとして参加するなど、クラシックのみならずドラマやアニメの音楽で歌唱収録に多数参加。

これまでに声楽を河野克典、川上洋司、萩原潤、田口昌範に、ピアノを小柏典子の各氏に師事。